EDの治療にはジェネリック薬を選ぼう

ED治療薬の成分の違いとお薬100番

EDの治療のために用いられる薬は基本的には勃起改善薬ですが、現在では様々な成分のものが販売されているので、自分の体質に合ったものを選ぶことができます。お薬100番などでは薬の成分に関して詳しい情報を手に入れることができるので、副作用などに関する不安などを解消するために役立てることができます。ストレスが原因のEDは精神的な疲れから回復すると自然に治癒することが多いので、勃起治療薬を必要としない場合がありますが、セックスに対する不安や緊張がある場合には治療薬を服用する必要があります。男性の勃起は精神状態の影響が非常に大きいのでセックス中に不安な気持ちになるだけで勃起状態を維持できなくなります。ペニスに血液が流れることで勃起状態になるのですが、不安や緊張によって交感神経が活発に働くようになると血液が脳や心臓に流れるので、ペニスの血液が減少してしまって中折れなどの症状が出やすくなります。病気が原因のEDは基本的には病気治療をすると回復するのですが、糖尿病や動脈硬化などの場合には生活習慣を改善して、健康を維持しなければEDを完治することが難しくなります。勃起治療薬は1錠あたり2000円なので毎回服用すると1ヶ月あたり1万円以上の費用が必要となるので、大学病院などを受診して根本的な治療を行うことで再発を防ぐことができます。また男性はホルモンバランスが35歳くらいから変化するので、男性ホルモンが極端に減少している場合にはホルモン補充療法を行って、男性ホルモンの量を増加させることでEDの症状を改善させることができます。男性ホルモンが減少すると気分が落ち込んでしまったり、性欲が低下するのでEDになりやすくなります。