EDの治療にはジェネリック薬を選ぼう

自然妊娠希望はED治療薬、空腹時に飲むのがポイント

医療技術が発展を遂げてきた昨今ですが、依然として自然妊娠を希望する夫婦は多いです。
自然な形で子供を授かるためには、いくつかの準備と対策が要ります。
最初に気をつけたいのは性交渉をする時期です。

夫婦が互いの本能に任せて性交渉を普段から重ねるのも良い事ですが、いわゆる排卵日を狙えば、少ない回数で高い妊娠率を得られます。
特に男性側の性欲が少ない場合、あるいは加齢の影響から精子の量が少ない場合などは排卵日に絞って、性交渉を行った方が効率的です。

多少ED気味な男性も排卵日前後の三日位であれば何とかペニスを勃起させられるかもしれません。
毎日子作りのために性交渉をしなければいけない、という心理的圧迫があると、男性のEDはより進行してしまいますが、逆に期間を決めて限定的にすれば、性欲や精子量が減少気味な男性でも自然な勃起と射精が出来るでしょう。

しかし、EDの状態が半年から一年位と長期化している男性の場合、排卵日前後の数日だけでも安定した勃起は見込めません。
男性不妊の理由としてEDは深刻であり、長期化している場合は専用の薬を使った方が良い結果になります。

ED治療薬と呼ばれる薬を空腹時、飲めば長期間、普通の勃起が出来無かった男性も、ペニスが性交渉中に立ち上がります。
空腹時に摂取するのがとても大事な点であり、満腹時に誤って飲んでしまうと、ED治療薬の薬効はほとんど現れませんから、注意しましょう。

ED治療薬さえ性交渉の間際に飲んでおけば、数十分後、女性がペニスを触るだけでたくましい勃起力が姿を見せます。
中折れを予防する薬効もあり、性交渉がただ可能になるだけではなく、ペニスを挿入する角度が安定したり、ピストン途中にコンドームが外れたり、陰茎が萎える事までも予防出来ますので、ED治療薬一つで夫婦の困り事は一挙に解決するでしょう。